Type Study

posted by Type Study

DESIGNTIDE行ってきました

やっぱり芸術の秋ということで、このところはデザインイベント目白押しですね。色々な方々のエネルギッシュな活動に触れてインスパイアされれば、自分の制作にも気合いが入るというものです。

ということで、先週末は六本木ミッドタウン内で見れるDESIGNTIDE TOKYOGOOD DESIGN EXHIBITIONの二つに行って参りました!

DESIGNTIDE TOKYO

前回は2年前に見に行きました。そのときの会場構成はわたのようなもので仕切られていて・・・正直わたボコリが床に散乱していたりしてイマイチ。。。でしたが、今年は天井から布のパーティションでの構成がキレイでした。
順路も分かり易いし、ちょっと閉じた空間のおかげで落ち着いた雰囲気で作品を見ることができました。出展数が若干減ったように思ったのは気のせいでしょうか。おかげで見終わっても力つきずに済みました(笑。

気になったもの

気になったのはまず美濃の和紙!ドット柄、とってもキレイです。メチャメチャ欲しいです。3120というブランドみたいです。なぜ3120なのかはよくわからんです。

そしてMUTEというデザインユニットさんによるチェック柄になっている金属バスケットTartan。これも普通に欲しいです。写真使っていいのかわからないのでスケッチしてみました(笑。む、難しい。。。うまく描けない。実際にはもっとキレイで、色んな色があって重ねるとさらにキレイなワケです。もろに同世代。ぜひ頑張って頂きたい。ぜひどこかで買えるようにしてください。

それからINTERNATIONAL DESIGN FESTIVAL 2011 BERLINからの出張出展(?)にかなーり欲しいのがありました。詳しいことは一切わかりませんが、下のスケッチのような感じでお家がそのままライトになっているのがハンパなく好き。もうちょっと情報くれてもいいのに!誰か詳しいこと知っているひといたら教えてください。

あとは、デザインプロジェクトSmile parlさんの食べれるカップ。米で出来ているそうで、使ったあと喰う。捨てないというカップ。さすがに実際使いたい、というか食べたいとはあまり思いませんでしたが…アイディアがキャッチーだなと。でも飲み物入れてたら溶けてしまわないのだろうか。

con.temporary furnitureという組み立て式家具も良かったです。どこの国の人かちょっとわかりませんが、たぶんスイス・・・?日本にはない良い意味でのラフさがカッコいかったです。コンクリむき出しの床に、白いペンキを塗った壁。そんな感じのガレージカンパニーのオフィスとかに超似合いそうです。

といった感じで、DESIGNTIDE TOKYO中々楽しめました。11/3までやっているようです!って、明日までですね!!行っていない人はぜひ!

GOOD DESIGN EXHIBITIONについては長くなるので次の記事で書きたいと思います。

Category:イベント

Going up