Type Study

posted by Type Study

和綴じスケッチブックの製本方法

前回表紙のための版を作ったので、早速ノートのプロトタイプを作って行きます。といっても前に一回作ったんですけどね。いまいち記憶があいまいで結局また図書館に行くハメになったので、今回はしっかり記録を残します。
きちんと和綴じしたい方は専門書籍などをご覧になる方がいいと思いますけど、テキトウでもいいやー、な人には参考になるかも…? 何冊か本を見たりして得た知識を元にした手抜きな感じのやり方です。

 なお用紙はプリンター用普通紙。表紙はボール紙を使って頑丈なものになってます。サイズはA6です。

目次

#1 道具を揃える

新宿ハンズに行ったら製本専門道具のコーナーがあったので、大体そこで集めました。大した値段じゃないです。自宅にあったものを含め、ざっとリストアップしてみました。写真の順番とリストがてんでバラバラなのはご愛嬌。

●切る&折る道具

  • カッター(写真5) : 切れ味はすぐ落ちるので替刃も用意しておく。
  • 定規 : 金尺の方がいいみたいだけど、プラでもいけます。
  • カッターマット : 当然必須。
  • トランサー(写真3) : 折り筋をつける。
  • 竹リング(写真7) : 紙の折り目をしっかりつける道具
  • クリップ(写真8) : 紙がずれないようにまとめる。大を最低2つ。中くらいのを2つくらい。

●穴を開ける道具

  • 目打ち(写真2) : 裁縫用の柄が木製だとヘッドをハンマーで叩けないので金属製を。
  • ダンボール : 穴を深く開けるときに下におく。
  • ハンマー : たぶん木製の方が目打ちに汚れがつかない。でもないからトンカチ。
  • まな板 : 軽く穴を開けるときの台。

●綴じる道具

  • 針(写真4) : 和綴じ用の針はちょっと先が丸まっている。
  • こより(写真6) : 自分で作っても良いけど売ってる
  • 麻糸(写真1) : 頑丈な糸が良いと思う。
  • ゴム手袋 : 針が滑ってしまうとき用。
  • ボンド : 木工ボンドを使いました。
  • 筆 : ボンドを水で薄めて塗る時に使います。
  • ウエス : ボンドで手が汚れたときはマメに拭かないと制作物が汚れる。。。

#2 紙を裁断する

自分で断裁する場合には案外ここが一番の難関だと思います。というのも、結構断面が斜めになりやすいから。自炊するとかで断裁機持っている方はいいんですが、うちにはありません。なので、頑張ってカッターで裁断することになります。とにかく断面の精度が全体の完成度を大きく左右するように感じたので、出来るだけ垂直になるように慎重に。

  • ・手順1
    紙をさばいた後、両端をクリップで止める(クリップと紙束の間にテキトウな紙を挟む。そうじゃないと痕が。。。)。この際、片方だと断面が斜めになりやすいので、両端がベターと思われ。
  • ・手順2
    切る! カットの際は座るより立ってやった方が垂直に切り易いはず。切る方向に対して真っ直ぐ立つ。また1度で切ろうとせずに、力をいれずに何度も刃を走らせる。複数枚を切る時も、厚紙を一枚切るときも同様。カッターの刃はマメに折るべし、換えるべし

表紙も用意してカットしましょう。前回のシルクスクリーンの版でプリントまで済ませておきました。

  • ・手順3
    表紙には綴じる側から6mmの位置にトランサーで折り筋をつけて、上から12mm、そこから下へ27mm間隔で計4つ印をつけておく。

ところで、切るラインに沿って定規をきちんと当てようとしても結構ずれるんですよね。まず切るライン上のどこかにカッタの刃を置き、それを軸に定規をラインに合わせていくとやりやすい。これ、はるか昔、予備校時代に先生から教えてもらったワザ。でも当たり前だったりするのかな。

#3 下綴じをする

下綴じしなくても、そんなにモロくはなりませんけど、やった方が後々の作業が楽です。ていうかやった方が精度が出る気がします。

  • ・手順4
    断裁した本文用紙を束ねてさばいた後、クリップで止める。横位置に置いて、左から6mm、上から25mmのところに印をつける。同様に左から6mm、下から25mmのところにも印を。
  • ・手順5
    準備ができたら、目打ちでしっかり穴をあける。(この際、穴がななめにならないように。クリップの高さに併せて私の場合はまな板を使用。)
  • ・手順6
    穴の入り口両端に目打ちでボンドを塗り付けたら、こよりを差し込んで、両端とも3mm程度残して切り落とす。そして残りの部分にボンドを少し付けてから、目打ちのヘッドでつぶす。

#4 穴をあける

さて本番です。

  • ・手順7
    表紙と裏表紙、本文用紙を重ね合わせたら小口と上面でさばいて、またクリップで止めます。もちろんいらない紙を挟む。
  • ・手順8
    手順3でつけた印の所に、しっかりと穴をあける。

ここで針が普通に入るくらいの大きさの穴を開けないとあとで苦労する。

#5 糸でしばる

ではいよいよ綴じ作業!順番は写真を参照。ポイントはしっかり引っ張って、指で押さえながらやらないと、糸がだるだるになってしまう。。。厚紙に針を通していく際に、通らなくて針がすべっちゃうならゴム手袋を使うといい。決して針を持って穴を起点にグリグリやってはいけない。仕上がりがたいそう汚くなっちまうんです。

  • ・手順9
    まず奥から2番目の穴の表から裏に向って糸を通す。糸はそのまま本文をすり抜けて下の写真のように本文と表紙との間にボンドで固定する。
  • ・手順10
    もう一度同じ様に表側から糸を通し(下写真1)、次の穴へ移る(下写真2)。
  • ・手順11
    端まで来たら、端に糸を回してもう一度同じ穴に糸を通し、また次の穴に進んで行きます。この穴は三回糸を通すことになります(下写真3,4)
  • ・手順11
    ラストは最初の穴に戻って来て、このように結ぶ(玉結び?機結び?どっちかはよくわからない)。しっかり結んだら結び目は穴の中に目打ちの先を使って押し込む。このときも少しだけボンドつけるといい。

#6 完成!

これで完成です!やったー!しかし長いエントリーになってしまいました…。

#7 参考

以下を参考にさせてもらいました。

  • ・手作りの暮らし 自分で仕立てる本: かなり詳しく載ってます。でも60年近く前の本なので見つかるかは…?
  • ・はじめての手製本: 初心者〜中級者?ステキな本。テンションUP。
  • ・印刷・加工DIYブック: 私のような初心者に。他にも色々グラフィック関連のDIY情報盛りだくさん。

Category:その他

Going up